自分の釣り船や車中泊しながらの遊漁船の釣行記です。

喜楽な人生の釣行記

車中泊・釣行時のおすすめ商品

マイボートで高さ調整できるロッドキーパー(1)

更新日:

Pocket

 

今回はマイボート(漁船・プレジャーボートなど)で活躍する、ロッドの設置高さを確保・調整できるロッドキーパー(ロッドホルダー・竿受け)をご紹介します。

ロッドキーパー

このコーナーでは、実際に私が購入し、使用してみた結果、おすすめできる商品やグッツをご紹介しています。

船釣りでのロッドキーパーの必要性

マイボートや遊漁船などでの船釣りにおいて、ロッドキーパー(ロッドホルダー・竿受け)は必須と言ってよいほど準備した方がよいツールだと思います。

ジギングなど、ほとんどロッドを持って釣行する場合は不要ですが、餌釣りの場合は持っていた方が良いですね~。

ロッドキーパーにロッドを設置

その理由を列挙したいと思います。

釣行や移動時のロッド破損防止

ロッドキーパー(ロッドホルダー・竿受け)にロッドを固定しておくことで、釣行や移動時のロッドのガイドや穂先の破損防止に役立ちます。

釣れた時、仕掛けやエサの点検の回収時、漁場までの移動の際に、ロッドキーパーに固定することで、ガイドや穂先が常に海上側にあるので破損防止につながります。

置き竿による釣りが可能

ロッドキーパーに固定することで置き竿で釣行することが可能になり、タナを切る釣り(青物、ヒラメやメバルなど)や砂地などで根ががりしにくい釣り(カレイなど)で楽に釣行することができ、食事や休憩なども置き竿でゆっくり取ることが可能です。

1本を置き竿にすることで、2本のロッドで釣行することも可能になります。

また、大型魚狙いなど、電動リールや重いロッドを使用する際にも置き竿によって楽に釣行することができます。

釣果にもつながる

特にカレイなどの数釣りを試みる時、手返しがよいかどうかが大きく左右します。

ロッドキーパーを活用することで、常にロッドや仕掛けの位置が安定し手返しが良くなり、釣果につながる可能性が高いです。

時には一生懸命誘うより、置き竿の方が波の誘いで釣れることもあります(笑)。

メジャーは第一精工のラークシリーズだけど・・・

何度も大型遊漁船に乗船しましたが、釣り客が保有しているロッドキーパーで一番多いのが第一精工のラークシリーズですね。

私も3種類ほど保有していますが、初めて購入する人にはおすすめするロッドキーパーです。

初心者には迷わずチビラークロング♪

船釣りのロッドキーパー(ロッドホルダー・竿受け)を選定する際、

  • サイズ(耐荷重、適合ハリス)=大物用か?中小物用か?
  • 取付部分に対する対応能力
  • 竿径(付属のサポート取付部)
  • その他(首振り、収納バック有無など)

が選定のポイントになりますが、私の経験から、初心者がヒラメ以下の中小物の船釣りからスタートするとしたら、第一精工のチビラークロングをおすすめします。

なぜチビラークではなくロングなのか、スペックからは取付有効幅がチビラークが10~90mmに対し、ロングが90~160mmの違いと思うかもしれませんが、実はロングには添木が付属されており、それを活用すると、取付有効幅が10~160mmになり、取付する船べりの形状に対して取付できる範囲が一段と広がるのです。

いつか、詳細にご紹介したいと思っています。

初心者におすすめするロッドキーパーのページはこちら

マイボートには高さが・・・

大型遊漁船での釣行において、チビラークロングは何ら問題なく使っていました。

しかし、私の場合、漁師としてマイボートで一本釣漁も行っており、その際にチビラークロングを使うと・・・。

マイボートは漁船タイプなのですが、大型遊漁船に比べると、ロッドキーパーを固定する船べりの高さが低いので、結果的に設置されるロッドの位置も低いのです。

漁の場合は数を釣り上げるために、1本はロッドキーパーに置き竿にし2本釣りを行うケースもあり、置き竿の時の当たりの確認や合わせるタイミングにおいては立っていた状態で、腕の高さに近い高さにロッドがあると非常に扱いやすいのです。

また、仕掛けの点検・交換やエサを付ける際に仕掛けを回収する時に、ロッドをロッドキーパーに取り付け・取り外す際にも、かがんだりせずに極力、腕の高さに近いところにロッドの位置があると、それぞれの作業効率が上がるのです。

以前は第一精工のラークシリーズでも高さ調整がついたロッドキーパーがあったらしいのですが、現在は廃版になったらしく、自作・改造も考えたのですが難易度が高そうなので、他に高さ調整が可能なロッドキーパーを探すことにしました。

BMO JAPAN  極みグリップ 船釣り用万力セット/ギアギアセット

マイボートでの、ロッドの設置高さを調整できるロッドキーパー(ロッドホルダー・竿受け)を探した結果、選択して購入したのが、

BMO JAPANの 極みグリップ船釣り用万力セット/ギアギアセット(BM-KG-MR-EX01)

でした。

次回に、購入したBMO JAPANの 極みグリップ船釣り用万力セット/ギアギアセット(BM-KG-MR-EX01)について、詳細にご紹介したいと思います。

(つづく)

スポンサーリンク

-車中泊・釣行時のおすすめ商品

Copyright© 喜楽な人生の釣行記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.