自分の釣り船や車中泊しながらの遊漁船の釣行記です。

喜楽な人生の釣行記

車中泊・釣行時のおすすめ商品

おすすめ防寒長靴 足軽MAX FUBUKI

投稿日:

Pocket

 

冬場の農業・漁業や釣りにおすすめする防寒長靴・防寒ブーツとして、足軽MAX FUBUKIをご紹介します。

足軽MAX FUBUKI

長靴のオールシーズン一足の時代から

漁師の家に生まれ育った私において、商売道具の長靴は、オールシーズン一足を穴が開くなど壊れるまで履き続けることが常識でした。

当然ながら、夏は蒸れるし、冬は冷えて足が冷たく、最悪は感覚がなくなるほどでした。

冬は服装を厚着する感覚で、分厚い靴下を履いたり、靴下を二重に履いたり、最近では足裏にはるカイロを使ったりしていました。

でも、年齢と共に体全体の毛細血管が衰えてきて、特に足元が冷えて、漁や船釣りの時は厚着対策やカイロ対策が面倒なうえに効き目もなくなってきた感があり、対応策を考えることにしたのです。

防寒長靴の選定要件

今の世の中、防寒長靴があるだろうと探すことにしたのですが、選定する際の要件を考えました。

  • 靴下の二枚重ねやカイロの使用をしなくても、足が冷えない長靴
    普段の靴を履く感覚で、何ら防寒対策をしなくても、足が冷えない長靴を探すことになるのですが、購入者の口コミなどを参考に船底することにしました。
  • あまり重くない長靴
    防寒対策を重視するあまりに、普通の長靴より極端に重くなり、歩きづらかったり、疲労が蓄積するようでは困るので、あまり重くない長靴を選定することにしました。
  • デザインより機能・コスト重視
    ブランドやデザインや色のバリエーションなどによる金額が高い長靴より、防寒対策に特化した,、機能とコストに重視した長靴を選定することにしました。

以上の様な選定要件を考慮し、選定・購入した防寒長靴が『足軽MAX FUBUKI』です。

足軽MAX FUBUKIの特徴

靴下の二枚重ねやカイロ未使用でも暖かい!

各々の冷え性の度合いにもよると思いますが、私の場合、冬場の漁や遊漁船での釣行に使用してみましたが、足が冷たくなることなく暖かいまま過ごすことができ、本当に満足した買い物でした!

暖かさの一番の要因は、底部含めて内部全体が毛皮布(ファー)で覆われているからだと思います。

内側の毛皮布(ファー)

大型遊漁船での釣行の場合、釣った魚を入れている容器から常に海水がオーバーフローし、床面を流れている状態で、特に冬場はその影響で足が冷えてしまうのですが、足軽MAX FUBUKIを履いただけで、冷えることなく釣行することができました。

靴底厚は一般的な長靴と同じ位の約3cm程ですので、毛皮布(ファー)の効果が大きいと感じています。

靴底厚の測定

購入するに至った要因として、購入者の口コミの高評価が多い中で、特に厳寒の北海道の方々の雪道の歩行や仕事での活用においても、暖かい、足元が冷たくならない、などの内容を鵜のみにして購入したのですが、本当にその通りでした。

予想を超える軽さ!

選定において長靴の重さについては、あまり重視していなかったのですが、履いてみてビックリ!

普通の長靴より軽い!

だったのです。
しばらく履いてから測定してみましたが、片足で約400gでした。

片足の重量測定

材質がポリオレフィン新素材とのことで軽量にしている要因でしょう。

選定時に同じ位の値段、高評価商品があったのですが、そちらは逆に重さをアピールしていて片足が約1.5kgなので、その商品に比較すると1/4の重さに近い軽さです。

同じ暖かさなら、軽い方が良いでしょ!

デザインと耐久性が課題か?

私の場合は冬の漁と船釣りにしか使わないので、使用頻度が少なく、購入して1年経過しましたが、全然、問題なく使えています。

しかし、有名ブランド品ではないので、軽量的な特徴もあり、使用頻度が高い使い方の場合は、強度や耐久性がどうなのか?

は、ちょっと分からない、不安なところがあります。

また、デザインや色のバリエーション的な観点において、男性用は紺色、女性用は赤色の単色しかなく、特に女性には『まるで長靴が歩いてみるみたい』と言った口コミもあり、改善の余地がありそうですね。

使用頻度などにより、軽量より丈夫さ・耐久性を重視したい場合は、値段は高くなりますが、有名ブランドで国内の職人さんが手作りしている、次の商品は口コミも高評価で良さそうですね♪

男性、女性用、それぞれにカラーのバリエーションもあり、デザイン的にも満足いただけると思います。

足軽MAX FUBUKIの選定・使用時の留意点

1つ大きめのサイズを

口コミで評価を落としている要因として、デザインの他に、靴のサイズの選定があります。

一体成型によるフィット構造になっているらしいので、私は普段25.5㎝の靴を履いているので26㎝で十分と思って購入しました。

私は細身で足幅も細身だと思うのですが、履いてみると全体が包み込むようなフィット感があり、長手方向においても、薄手の靴下でちょうどの長さ感でした。

従って、厚手の靴下を履く場合は、もう一サイズ大きい、27㎝でも良かったかもしれませんが、今の所は問題なく履いています。

サイズで悩んだ際には、とにかく1つ大きめのサイズを選んだ方が無難なようです。

保管環境に要注意!

足軽MAX FUBUKIの注意喚起として、赤字で次のような注意書きがあります。

本製品の耐熱温度は約40度となっていますので、それ以上の条件では縮んだり、変形したりして履けなくなってしまいます。車内の保管やトラックの荷台など直射日光の当たる場所やストーブのそばなどの高温な場所での保管は絶対に避けてください。
なお縮みや変形に対する苦情は一切受け付けませんのでご了承下さい。

通常の環境下で40度は滅多にないと思いますが、夏場の車内への放置や、サンルームなど密閉で直射日光が当たる空間、乾かそうとしてストーブのそばに置いた場合などでは十分に考えられます。

この耐熱温度は軽さが特徴である、ポリオレフィン新素材の特徴そのものだと思いますし、縮みや変形に対する苦情は一切受け付けない、という表記は、実際にそのような苦情が来ている証だと思うのです。

普通の靴のように玄関やげた箱につねに保管しておけば問題にはならないと思いますが、釣行後の車内への長期置きっぱなしなどの可能性があると思いますので注意が必要です。

スポンサーリンク

-車中泊・釣行時のおすすめ商品

Copyright© 喜楽な人生の釣行記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.