自分の釣り船や車中泊しながらの遊漁船の釣行記です。

喜楽な人生の釣行記

車中泊・釣行時のおすすめ商品

ルーフバーに便利なしっかりベルトフック

更新日:

Pocket

 

愛車、軽自動車(軽バン)のエブリィ(DA17V)で車中泊での釣行に便利な、両サイドのルーフバーを自作しましたが、そのルーフバーに活用する便利な100均商品として、セリアの『しっかりベルトフック』をご紹介します。

ルーフバーにしっかりベルトフックを取付

ルーフバー(両サイド)の自作のページはこちら

仕切カーテンの引っ掛け固定用を応用

もともと、この『しっかりベルトフック』の購入目的は、運転席と荷室の間の仕切カーテンを自作する際に、ブラックのカーテンを使用しないときに、丸めてフック部に引っ掛けて固定する目的で購入しました。

仕切カーテンを巻き上げ引っ掛けて固定

仕切カーテンの自作(1)のページはこちら

しかし、『しっかりベルトフック』は、両サイドのルーフバーに活用しても非常に便利なことが判明し追加購入に至ったのです。

私の場合、両サイドのルーフバーの使用目的としては、

ロッドホルダーの自作に展開

両サイドのルーフバーをパイプでつないでロッドホルダーを自作し、釣行時にロッドを天井部に固定し移動することが可能です。

自作したロッドホルダー

ロッドホルダーの自作ページはこちら

様々な物品を吊り下げて保管

車中泊や釣行のために、吊り下げて移動・保管した方が良い物品を吊り下げるバーとして活用します。

具体的な吊り下げる物品としては

 ・ 合羽類
 ・ 帽子
 ・ ライフジャケット
 ・ 傘
 ・ ライト・ランタン(照明点灯時)

などが考えられます。

今回、ご紹介する『しっかりベルトフック』はルーフバーに物品を吊り下げて保管する際に活用します。

しっかりベルトフックを活用するメリット

一般的にバー(丸棒)に物を吊り下げる場合は、

・ハンガーや傘のように直接、バーに引っ掛けるケース
・S型フックみたいな金具を介して引っ掛けるケース

が考えられます。

その際に車での問題は、

運転時にS型フックやハンガーなど、引っ掛けている物品が運転中に動いてしまう!

ことがネックになります。

発進時やブレーキでの停車時にルーフバーからすべって動いてしまうんですよね~。

そこで便利で効果的なのが、セリアの100均商品『しっかりベルトフック』です。

しっかりベルトフック(2個入り)

元々はベビーカーやシルバーカーのハンドル部分に取付て、買い物袋やバックを引っ掛けて使用する目的のようです。

ハンドルなどの丸棒部分にマジックテープで固定する方式で、丸棒は直径2cm~4cmまで使用できるので、ルーフバーに採用したイレクターパイプの直径が、Φ2.8cmなので、マジックテープで確実に固定することができます。

しっかりベルトフックの活用事例

それでは、実際の活用事例をご紹介します。

船釣りでは必須の合羽や防寒具などをハンガーにかけ、しっかりベルトフックにかけます。

釣行時の合羽類を掛ける

次は、帽子やライフジャケットを掛けた状態です。

帽子やライフジャケットを掛ける

車中泊時に活用する室内全体を明るくする照明器具をサイドバーに取付した、しっかりベルトフックに掛けて全体を明るくします。

ルーフバーに照明機器を取付

以上、ルーフバーに便利な、しっかりベルトフックのご紹介でした。

スポンサーリンク

-車中泊・釣行時のおすすめ商品

Copyright© 喜楽な人生の釣行記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.