自分の釣り船や車中泊しながらの遊漁船の釣行記です。

喜楽な人生の釣行記

エブリィ(DA17V)改造

エブリィにアームレスト(コンソールボックス付)を自作(1)

更新日:

Pocket

 

エブリィバン(DA17V)にDIYにてアームレスト(コンソールボックス付)を自作しましたのでご紹介します。

車中泊や釣行のため、軽自動車(軽バン)でのドライブにおいて快適性を追求するにはアームレストの存在は欠かせません。

そこで、100均商品や不用品を駆使し、安価でありながらコンソールボックス機能も付け、高級感が漂うアームレストをDIYにて製作した自信作です。

自作し設置したアームレフト

何と!

上記画像のアームレスト(コンソールボックス付)の製作費用は、保有していた不用品、ネジ類や接着剤、工具を除いて、実質的な購入金額が800円(税別)で自作できたのです!

アームレストを自作するに至った経緯

当たり前だったアームレストが!?

軽バンに乗り換える前は、一般的なミニバンに乗っていて、運転席・助手席にはアームレストが付いていて当たり前のように活用しリラックスして運転していました。

維持経費の削減にために、軽自動車に買い替えることにし、釣行などの時に車中泊が可能なように改造するために軽バンを選定し、エブリィバン(DA17V)にたどり着き、中古車を購入し、快適な車中泊を目指して様々な改造を行ってきました。

燃費の関係でMT車にしたので、ATだったミニバンに比べ、左手は頻発するギアチェンジのために比較的忙しいのですが、長距離運転、特に高速道路の運転時には、それまでの動作習慣から左手をアームレストに乗せてリラックスさせたいと思うことが度々あったのです。

商用を目的としている軽バンでは、ハイモデルには座席にアームレストが付いている車もありますが、一般的には付いておらず、私が購入したエブリィバン(DA17VのPCモデル)にも付いてなかったのです。

市販品を購入しようとも考えましたが・・・

手っ取り早く、市販品を購入し取付しようと初めは考えました。

次の商品が、価格的にも、口コミ評価的にも第一候補にあがりました。

でも、ちょっと気になった点があったのです。

口コミ評価は高いながらも内容をみると、

・置きたい所に置くとサイドブレーキが引けないのがちょっと残念

・サイドプレーキの操作をするのに難がある。

・サイドブレーキは使いにくくなるけど、長さがもっとあればいいのに。

エブリィバン(DA17V)を保有し運転しているので、口コミの内容が良く理解できるんです。

サイドブレーキがあるのでアームレストを長くできない、その長さでもサイドブレーキの操作にはひじを支点に操作するのが一般的なので、左手で操作サイドブレーキを操作するとなると、ひじを上げたりしてアームレストをかわして不格好な姿で操作することになります。

手の部分までアームレストが長く、サイドブレーキの操作もあまり苦にならないアームレストがないか!?

これが購入まで至らなかった理由です。

閑散期になって・・・

宿泊業を営んでいますが、冬場は閑散期になり、お金はないですが時間だけは沢山あります!(笑)

従って、自分が思う描くアームレストを自作しようとの思いが強くなったのです。

そして、大きなターニングポイントが、自分が思う描くアームレスト・コンソールボックスの自作に、最適と思わせる不用品(一升瓶用の木箱)を手にしたことでした。

閑散期によって時間があったので、いろいろなヒントを探し出したり、発想力が増すんですよね~。

自作したアームレスト(コンソールボックス付)の特徴

一番の特徴は低コストながら高級感!

前述しましたが一番の特徴は低コストで自作できたことです。

これは、コンソールボックスのベースに、不用品だった一升瓶の木箱を活用したことで、不用品、ネジ類や接着剤、工具を除いて、実質的な購入金額が800円(税別)、即ち、8個の100均商品の購入だけで自作することができたのです。

低コストながら、素材の色、および塗装によって黒色に統一し高級感を出しました。

黒色に統一したアームレスト

長いアームレスト部

一升瓶の木箱の長さそのままをアームリストの長さにしました。

従って、約45cmの長いアームレストとなっており、ひじから手まで乗せることができ、違和感なくリラックスしながら運転することができます。

アームレストにひじから手を乗せた状態

アームレストには中にクッション材(ジョイントマット)を入れ、合皮を使用しているので、固くなく高級感があります。

サイドブレーキ操作を考慮したコンソールボックス部

アームレスト部は蝶番によって簡単に開けることができます。

アームレスト部を開けた状態

アームレスト部を開けると、コンソールボックスの前部は空洞になっており、アームレスト部を開けた状態で、違和感なく左手でサイドブレーキの操作を行うことができます。

後部には、内寸(W22×D12×H10cm)の収納箱になっていて、小物類を収納することができます。

コンソルボックス内部

サイドブレーキの前にある小物収納部はそのまま使用することができるレイアウトになっています。

活用できるサイドブレーキ前の小物収納部

他種の軽バン・軽自動車にも応用可?

多分ですが、エブリィバン(DA17V)以外のアームレストやコンソールボックスが付いていない軽バン・軽自動車、更にはアームレストやコンソールボックスがない乗用車などにも応用が可能だと思いますので、そのような方にも是非、参考にしていただき、エブリィバン以外の車種でトライし、応用製作できた方がいましたらコメント頂きたいですね~。

次回から具体的な製作手順や留意点をご紹介したいと思います。

(つづく)

スポンサーリンク

-エブリィ(DA17V)改造

Copyright© 喜楽な人生の釣行記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.