自分の釣り船や車中泊しながらの遊漁船の釣行記です。

喜楽な人生の釣行記

車中泊による釣行のための軽自動車の選定

車中泊による釣行のためのエブリィ(DA17V)の購入

更新日:

Pocket

車中泊に適したエブリィ(DA17V)の機種選定

エブリィと言っても、様々なグレードに応じた機種が存在しています。

車中泊を考えて、次の要件に一致する機種を選定します。

  • 燃費、車内の広さを考え、2015年2月にフルモデルチェンジしたDA17Vモデル
  • 駆動方式は2WD、ミッションは5MTか5AGS
  • ハイルーフ
  • 後部座席を収納にて完全フラット
  • 窓はスモークガラス
  • 色はブラックかシルバー
  • 予算は手出しで80万円以内

以上の要件を満たす機種は、

× GAタイプ ・・・ ハイルーフではなく標準ルーフタイプ、低グレード
× PAタイプ ・・・ 窓がスモークガラスではなく透明ガラス
△ PAリミテッド・・ PAタイプのスモークガラス仕様(中古市場がどうか?)
〇 PCタイプ ・・・ 全ての条件を満たす
〇 PCリミテッド・・ 全ての条件を満たす(予算内に収まるか?)
× JOIN   ・・・ 後部座席がワゴンタイプで収納時に完全フラットにならない。
※ JOINターボ ・・ JOIN同様、但し、走行性能と燃費は魅力的

以上からPAリミテッドかPC、PCリミテッドの中古市場から探すことにしました。

整備工場勤務の知り合いのアドバイス

息子の友達が自動車整備工場で整備の仕事をしているので、エブリィの中古を購入する際のアドバイスをもらいました。

気になっていたのが、カタログ上の燃費が一番良い、5速オートギアシフト(5AGS)の評価でした。
その反応は今一で、『やめた方が良いですよ』でした。
整備の関係で乗ったことがあるらしく、基本は5MTだが自分の思ったところとは違ったタイミングでギアチェンジがされるとのこと。
若者なので、走りを重視してのアドバイスだったと思いましたが、5MTに慣れていることもあり、5AGSは諦めました。

意外だったのは、一番のお勧めがJOINターボでした。
エブリィの中で最高グレードなので、当たり前かも知れませんが、とにかく、走行性能が軽自動車の中でも優れているとのこと。

しかし、JOINターボは車中泊を考えている私にとって、後部座席を収納時に完全フラットにならないことは致命的で、諦めざるを得ない状況でした。
走りだけ重視し、荷室は安易なベンチシートで完全にフラットになるJOINターボが存在していたら買うのに!
でも、あったとしても予算内に収まらないか(笑)。

スポンサーリンク

あっという間に商談成立

メーカー、型式、グレード、予算が決まったので、それから中古車探しです。

探すといっても、小中学校時の同級生が中古車販売を行っているので、TELして、希望する情報をFAXして、あとは待つだけです。

なんと!翌日に『見つかったぞ』って・・・。

迷っている暇なく、予算内で、

エブリィ PC 2WD 5MT シルバー 初期登録2015年10月 走行距離約5万㎞

の中古車を商談成立し購入することが出来ました。

メーカーはスズキにこだわっておらず、OEMの日産、マツダ、三菱のモデルでも良かったのですが、中古市場ではスズキの車種が圧倒的に多いようでした。

同級生の中古車販売店には整備工場を保有しており、中古車をそのまま販売するのではなく、外観の補修やETCの取付をサービスしてくれたり、見た目は、新車同様の状態で納車してくれて、満足な買い物をすることが出来ました♪

最近、気づいたのですが、エブリィのカラーバリエーションは、ブラック、シルバー、ホワイトの3種だけでしたが、最近、グレードが高い機種に、バイオレット、グリーン、ブルーのバリエーションを増やしたみたいです。
ダイハツがマイナーチェンジにてデザインが良くなり、カラーバリエーションも多彩になったので、スズキも負けじと対抗したのでしょうか?

最近、軽バン(商用タイプ)は商用(荷物運び)だけでなく、キャンピングカーのベースになったり、私のように車中泊で出かけるみたいな、目的が活用目的が多種になってきているので、昔のようなカラーだけではだめですよね~。
実はブルーが欲しかったな~(笑)。

さて、これから、車中泊による釣行ができるように、ちょこちょこ、いじって(改造)いきますので、ご期待ください!

 

 

スポンサーリンク

-車中泊による釣行のための軽自動車の選定

Copyright© 喜楽な人生の釣行記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.