自分の釣り船や車中泊しながらの遊漁船の釣行記です。

喜楽な人生の釣行記

停電・車中泊用の100V電源

停電・車中泊に活躍する100V電源を自作(6)

更新日:

Pocket

 

愛車、軽自動車(軽バン)のエブリィ(DA17V)で車中泊する際に快適に過ごすためと、震災などの自然災害による停電時に効果的なAC100V電源の自作の6日回目になります。

前回は購入した正弦波タイプのDC/ACインバーターを、愛車、軽自動車(軽バン)のエブリィ(DA17V)への設置についてご紹介しましたが、今回は、疑似正弦波でも良いので、もっと安く、車中泊又は停電時の緊急電源として準備したい方にお勧めするDC/ACインバーターをご紹介します。

疑似正弦波のリスクを認識して選定

私は電気にあまり詳しくないので、ホームページから色々調査した結果、疑似正弦波タイプのインバーターでも多くの家庭電気製品は使えますが、

モーター類やマイコン搭載製品(電子レンジ、炊飯ジャー、電気毛布など)、インバーターなど位相を制御する機器などは使えない可能性がある

との情報と、

震災などの自然災害による停電時の応急電源としても活躍させる前提もあり、その際には使える電気製品の制約はさせたくない

という理由から、値段が高いですが正弦波タイプのDC/ACインバーターを選択しました。

でも、疑似正弦波タイプでも良いので、もっと安価なタイプを希望する方もいると思いますので、私が調べた結果でおすすめする商品をご紹介したいと思います。

1000Wクラスで低価格でありながら高評価

1000Wクラスで低価格でありながら、口コミ件数が多く、高評価なDC/ACインバーターです。

正弦波タイプに比べると本当に安いです!

口コミによる使える電気製品と支障がある電気製品

まず、口コミの情報として、使える電気製品と、使えない電気製品を調べてみました。

使える電気製品として、

  • 550Wのモーターが付いている小型木工旋盤
  • 電動工具のバッテりー充電
  • 950wのポリッシャー
  • 定格550W、実測240Wの丸のこ
  • 650wの掃除機
  • スマホの充電
  • 900Wのケトル
  • 900wのインパクトレンチ
  • 100Wの電球

次に使えない又は弊害がある電気製品として、

  • 700Wのドライヤーが使えない
  • 800Wのセラミックヒーターが過負荷で止まる
  • 扇風機は動いたがガーという異音
  • 家電によってはノイズが乗ってしまうものがある

口コミ自体の評価が高いので、結果的に使える電気製品が多い結果になったと思います。

私なりに考察してみると、

  • モーター類の製品は使えそう。1000Wに近い定格電力の工具が使えるみたいだが、実際の使用電力は低いので使えたのではないか。
  • ヒーター類の製品では、900Wのケトルが使えた一方で、700Wのドライヤー、800Wのセラミックヒーターが過負荷で使えない報告があり、電気製品(制御方式?)によってはギリギリの定格電力の物は使えない可能性がある。

定格電力がギリギリの電気製品のリスクと、疑似正弦波ゆえの弊害のリスク(ノイズや異音)を認識し覚悟したうえで、低価格なインバーターとして選定する価値はあると思います。

使用する電気製品によってはバッテリー不要!

この製品に魅力は、車のシガーソケットに接続することでAC100V電源が取れることも大きな魅力です。

しかし、使用する電気製品の選定は使用する人の責任の範囲になっています。

150W以下の電気製品に限ってシガーソケットでの使用が可能

ですが、それ以上の電気製品だって接続して使えちゃいます。

150Wの製品を使うと、150W/12V=12.5A の電流が流れます。

シガーライターのヒューズ容量は車によって10Aだったり15Aだったりするそうですので・・・。

でも、TVやパソコン、携帯電話の充電などの消費電力が少ない製品を頻繁に使いたい時に、バッテリーなしで使えるのは魅力ですね~。

入力ショート保護用のヒューズが外付け

私が購入したインバーターの保護用シューズは本体内部についているみたいで、ヒューズが切れたら分解してヒューズ交換する必要がありますが、この製品はヒューズが外付けで交換が容易になっています。

でも、ヒューズは付属していないみたいです。

口コミに、ヒューズが切れたが、同じヒューズがどこで売っているか見つけられず困ったとありました。

私が購入したインバーターはヒューズが付属していても交換するには分解が必要、ヒューズは外付けで交換しやすいが交換用のヒューズが付属しておらず入手しずらい・・・

どっちもどっちですね~(笑)。

1000Wクラスで更に安心・安全を高めたい

1000Wに近い電気製品や起動電力(瞬間最大電力)が大きい製品を使いたい場合には、安心・安全上、こちらをお勧めします。

私が購入したDC/ACインバーターについて、付属ケーブルの太さが物足りないことを以前に説明しましたが、前項でご紹介した疑似正弦波タイプのインバーターも同じようです。

今回ご紹介するインバーター自体は、前項のインバーターと同じモデルですが、この販売店はバッテリーや電源装置の専門店らしく、付属ケーブルの太さの不安を解消し、安全・安心を高めようと、オリジナルの22sq×1mの特製専用ケーブルを追加で付属し、150Wを超える電気製品を使用する場合は、その特製専用ケーブルを使用することを推奨しているのです。

その分、価格は高くなっていますが、1000Wに近い電気製品や起動電力(瞬間最大電力)が大きい製品を使う可能性がある場合には、安心・安全を高めることができます。

更に低出力、低価格ならこれ!

1000Wクラスは不要! もっと低出力で良いので、とにかく低価格でAC100V電源を確保したい時には、この製品をおすすめします。

インバーターの部門でランキング1位の販売実績があり、評価も非常に高いです。

前項でご紹介したインバーター同様に、車のシガーソケットからでも、バッテリーからでもAC100V電源を確保することができます。

このクラスですとバッテリーも小さく軽い物でも良いと思います。(使用時間に関連しますが)

1000Wの製品同様に、使用する製品の定格電力を確認し、自己責任でシガーソケットを使う必要があることと、疑似正弦波タイプのインバーターのリスクを理解、覚悟したうえで購入することをおすすめします。

次回は、100V電源の最終回、バッテリー以外の100V電源についてです。

(つづく)

スポンサーリンク

-停電・車中泊用の100V電源

Copyright© 喜楽な人生の釣行記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.